EMそだちとは
農産物紹介
トピックス
組合の紹介
トップページ



TOPICS

産地紹介
 鹿島灘の黒潮の影響を受け、年間を通して比較的温暖な気候に恵まれた行方市で生産される農産物は60数品目を数えます。中でも、切りみつば、チンゲンサイが全国1位、大葉が全国2位の出荷量を誇り、セリについても、行方地方は全国でも有数な産地となっています。

茨城県北浦みつば連合出荷組合のあゆみ
昭和33年 北浦みつば出荷組合
北浦みつば  〃  
北浦みつば  〃  
発足
昭和35年 北浦みつば出荷組合連合会スタート
 組合員数 ―― スタート時、600名
 昭和45年当時 ― 1,300名に増える
平成15年9月1日、 北浦みつば連合出荷組合発足
平成26年4月1日現在
 組合員数 ―― 213名
 生産部会 ―― 17部会

 組合長           男庭 源善
 開発推進委員長    前田 恵助
 副組合長         本澤 嘉宇
 会計            原   和範
 資材部長         六笠 高明
外観


交通案内